从近代化视线分析森欧外《舞姬》的执笔动机_日语论文.rar - 大学生论文网


从近代化视线分析森欧外《舞姬》的执笔动机_日语论文.rar

资料分类:日语论文 VIP会员(riku0803)分享原创毕业论文参考材料更新时间:14-04-04
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:7098
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

主旨:日本近代の文豪森鴎外が小説『舞姫』を起点とし、医学から文学への新しい且つ波瀾の人生のページを開いた。処女作『舞姫』は発表以来さんざんに議論されており、東大医学系出身のエリート――森鴎外の矛盾且つ叫びに溢れる人生を顧みれば、私たちにどんなヒントをくれるのか。本文は明治維新以来近代化の目線における『舞姫』の執筆動機を分析しようと考えている。

キーワード:舞姫;近代化;個人と国家;恋愛と仕事

 

摘要:日本近代文豪森欧外以小说《舞姬》为起点,展开了其人生由医转文的崭新也波折的又一篇章。处女作《舞姬》自发表以来备受各方争议,东大医学系出身的精英--森欧外矛盾而呐喊的一生能给我们带来什么启示?本文从明治维新近代化视线分析森欧外《舞姬》的创作动机。

关键词:舞姬;近代化;个人与国家;爱情与事业

 

  森鴎外は近代日本の文学史において漱石と並ぶ文豪とされており、『舞姫』は日本近代文学の成立に決定的な役割を果たした作品と位置づけられている。また、『舞姫』は高等学校の国語の教科書のほとんどに採用されており、鴎外の作品の中で最もよく知られている作品である。この小説のモチーフは今まで学者たちに探求されているが、残念ながら解決するにはまだ至らなかった。森鴎外の執筆動機をどのように認識されるべきかという疑問を抱え、森鴎外の生涯の文学主張を理解できるように、本稿では、この作品が含む近代知識人の悩みを課題として考察する。

意思相近论文题目: