浮世絵における見立絵についての研究--鈴木春信を中心に_日语论文.doc - 大学生论文网


浮世絵における見立絵についての研究--鈴木春信を中心に_日语论文.doc

资料分类:日语论文 VIP会员(佩佩教授)分享原创毕业论文参考材料更新时间:17-09-08
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10671
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨

 

近年、中国では浮世絵についての研究が増えている。中でも、見立絵は浮世絵の一種であるが、それに関する研究は十分に行われているとは言えない。鈴木春信は見立絵を創作した第一人ではないが、彼のかき方はこの画風を集大成したと言っても過言ではない。したがって、見立絵を研究する際に、鈴木春信をも研究する必要があると考えられる。小論では、見立絵の定義、発展、作品、画家などを整理し、それをもとに、鈴木春信の見立絵の作品を分析した。

 

キーワード:浮世絵; 見立絵; 鈴木春信; 典故

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

1.1 見立絵について-2

1.2 先行研究-3

2.鈴木春信その人とその作品-4

2.1 鈴木春信その人-4

2.2 鈴木春信の見立絵-5

2.2.1 『雨夜の宮詣で』と日本の古典謡曲『蟻通』-5

2.2.2 『風流やつし七小町雨乞』と小野小町の俗談-7

2.2.3 『見立竹林七賢』と中国の「竹林七賢」-8

2.2.4 『玄宗皇帝楊貴妃図』と中国の歴史-9

2.2.5 『雪中相合傘』と漢画『雪中鴛鴦図』-9

3.鈴木春信から啓発をもらった画家たち-10

3.1 司馬江漢の『見立荘子胡蝶の夢』-10

3.2 磯田湖竜斎の『風流見立坐敷八景・時計の晩鍾』-11

4. 終わりに-12

参考文献-13

意思相近论文题目: