鲁迅的《呐喊》和日本自然主义文学-一件小事,头发的故事,端午节.doc - 大学生论文网


鲁迅的《呐喊》和日本自然主义文学-一件小事,头发的故事,端午节.doc

资料分类:日语论文 VIP会员(小猪猪)分享原创毕业论文参考材料更新时间:17-11-24
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:9234
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:『吶喊』は中国の作家魯迅の小説集で、1918年『新青年』誌上に発表した『狂人日記』から、1922年までに発表した14編の小説を収めた。『吶喊』は中国現代文学史上の傑作として数多く論じられたが、日本の自然主義文学との関係が今までの研究書で詳しく研究されていなかった。そのため、本稿では、『吶喊』と日本の自然主義文学について考察を試みた。日本の自然主義文学のの特徴である「身辺雑記」、「真実性」を出発点として、『吶喊』の中の小説『些細な事件』、『頭髪の故事』、『端午節』を分析していた。その分析を通してみて、『吶喊』の中に見られる日本の自然主義文学の特徴を究明しようとする。

キーワード:魯迅 自然主義文学 吶喊

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 先行研究-1

3. 日本の自然主義の紹介-3

3.1 日本の自然主義文学の誕生-3

3.2 日本の自然主義文学の特徴-3

4. 『吶喊』における日本の自然主義文学の考察-5

4.1 「身辺雑記」についての考察-5

 4.1.1「些細な事件」-5

 4.1.2「頭髪の故事」-6

4.2 「真実性」についての考察-7

5.おわりに-9

参考文献-9

意思相近论文题目: