妖怪推理的魅力--京極夏彦的推理世界_日语论文.doc - 大学生论文网


妖怪推理的魅力--京極夏彦的推理世界_日语论文.doc

资料分类:日语论文 VIP会员(梦溪)分享原创毕业论文参考材料更新时间:17-10-08
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:11831
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

概要: 京極夏彦は日本の新本格ミステリ作家である。作品にはよく霊や妖怪をテーマとし、人間の心理に潜む怪異を、ストーリー にうまく織り込んで描くものが多い。それぞれ細かい趣向を凝らし、独立した短編が一つの統一された世界観を形作り、独自の一派を成し、大好評を博した。現在、京極夏彦の作品は日本の新しい推理小説領域において重要な位置を占めている。本論文は推理小説作家京極夏彦の作品を研究対象とし、日本の推理小説の起源、発展に基づき、新しいタイプの推理小説を生み出す原因と発展を考察したいと思う。同時に、京極夏彦の小説を通じて、日本の妖怪の文化も考察する。つまり、推理と妖怪との精妙の結びつけの中で、日本の妖怪文化を考察したいと思う。こうして、推理と妖怪文化の新奇さと美妙さを感じ、日本文化の内包への更なる理解を深めるのを期待している。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節  先行研究-1

第1章 推理小説と京極夏彦について-2

第1節 推理小説の発展-2

第2節 京極夏彦の紹介と代表作-3

第2章 『姑獲鳥の夏』と『魍魎の匣』への解読-4

第1節 『姑獲鳥の夏』について-4

第2節 『魍魎の匣』について-6

第3章 作品の創作方法と特色-7

第1節 『姑獲鳥の夏』と『魍魎の匣』の創作方法と特色-7

第2節 妖怪と民俗の導入-9

終 章  結論と今後の展開-10

参考文献-12

意思相近论文题目: