战后日本文学中的女性意识--小说《所以去荒野》为例_日语论文.docx - 大学生论文网


战后日本文学中的女性意识--小说《所以去荒野》为例_日语论文.docx

资料分类:日语论文 VIP会员(梦溪)分享原创毕业论文参考材料更新时间:17-10-08
需要金币2000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10248
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

概要:本論文は戦後日本文学の中に現れた「女性意識」をめぐって検討を行う。まず社会背景と結び付けて戦後文学の中の「女性意識」の変遷及び変遷の原因を分析する。それから小説『だから荒野』を例に、女主人公が結婚後、その意識についての変化及び変化の経過に着目し、分析を行う。最後には二つの面から「女性意識」の変化が社会に与えた影響を探究する。より多くの人が「女性意識」という問題に関心を抱くようになると願う。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節 先行研究-1

第1章 「女性意識」について-2

第1節 「女性意識」の定義-2

第2節 文学作品中に見られる「女性意識」の変容-3

第3節 「女性意識」の変容を引き起こした要素-4

第2章 『だから荒野』の中の「女性意識」-5

第1節 小説『だから荒野』について-5

第2節 主人公朋美の生活環境-6

第3節 主人公朋美の「女性意識」-6

第3章 女性意識の変化がもたらした影響-8

第1節 女性の政界進出-8

第2節 女性就職の面-9

終 章 結論と今後の展開-10

参考文献-11

意思相近论文题目: